• きよ子

インフルエンス/近藤史恵

更新日:2021年9月1日

ドラマも見ましたが面白かったです。

☆百合関係:友情

☆男女の恋愛:アリ

☆男女の性的描写:ナシ

☆女性同士の性的描写:ナシ


<あらすじ>

小説家の元に届いた一通の手紙。自分の話を小説にしてほしいと言われ、小説家は彼女の話を聞くことにする…。

友梨が小学二年生の時に知った、親友・里子が受けている祖父からの性的虐待。

友梨の憧れの存在・真帆を救うために友梨が犯した殺人。

友梨・里子・真帆の三人が複雑に繋がり合い、罪と秘密を重ねていく驚愕のサスペンス。


<百合要素>

友梨を中心(視点)にした、里子や真帆、その他の同級生の関係に百合を感じられます。愛情に近いような友情…罪悪感や共犯者としてのつながりなど、とにかく人とは違う特別なところでつながっているというような感じです。明確な女性同士の恋愛要素はありません。男性との恋愛はありますのでご注意ください。私としては百合認定ですね。


<感想>

いやー、面白かった。胸糞展開多くて辛くなりながら読んでましたが、最後はそうなるか!という驚きがありました。学生の時に自分も感じていた気持ちがリアルに思い出されるような文章に、なんだか居心地が悪い感じもしましたが、そこがまた面白かったです。

そして、友梨・里子・真帆の三人の繋がりがなんとも言えない。濃厚という程濃厚でもない気がするし、かといって淡白なわけでもない。でも、確かに特別な存在ということはわかって、バチバチに百合を感じました。友達よりも濃い関係ですからね。これは百合。

胸糞と男女の恋愛があっても許容できる方で、恋愛的な百合要素がなくても大丈夫という方はぜひ読んでいただきたい!ボリュームの割に読み応え抜群だと思います!

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

特集記事