• きよ子

文学少女対数学少女/陸秋槎

更新日:2021年9月1日


☆百合関係:友情

☆男女の恋愛:ナシ

☆男女の性的描写:ナシ

☆女性同士の性的描写:ナシ


<あらすじ>

推理小説が好きな女子高生・陸秋槎(りくしゅうさ)は、校内誌に乗せる“犯人当て小説”の穴を無くすために数学の天才と言われる変わり者・韓采蘆(かんさいろ)の部屋を訪れるが、半裸にされた上に、カッターナイフを持った采蘆に迫られる…。


<百合要素>

友情百合だけど、なんだか恋愛に近いような…?

秋槎と采蘆と秋槎のルームメイト姝琳(しゅりん)が三角関係みたいな構図になっています。


<感想>

面白かった!文系の私には数学の話は一切わかりませんでしたが、そこをなんとなーくで読んでも十分楽しめました。推理小説をただ読むのではなくて、作者側からの目線や数学的観点で見てみるとまた違うものが見えてきて、それが新鮮でおもしろかったです。

推理小説が好きな方でまだ読んでいない方はぜひ読んでみてください!

数学が好きな人はもっと楽しめる思います。

最後は「そこで終わるの!?」という終わり方なので、たぶん自分で推理・想像してくださいということなんだろうと…。私も頑張って色々考えてみよう。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

特集記事